目のクマには種類がある

目のクマに悩まされている方は多いのではないでしょうか?

目の下がうっすら暗い、いわゆる「クマ」ができている状態です。
せっかくきれいにメイクしても目の下が暗いと、全体的な印象も暗くなってしまいます。

コンシーラーをいくら塗っても、クマが消えないという方もいるでしょう。
では、目の下のクマは、なぜできてしまうのでしょうか?

当サイトでは、目のクマで悩んでいる方に改善に向けての様々な方法をご紹介します。
また、そのなかで自宅で簡単できる話題のケア商品のレビューも掲載しています。
一口に「クマ」と言っても、さまざまな種類があります。
黒っぽいクマ、青白くなってしまったクマ、茶色っぽく見えるクマなどです。
それぞれ原因が異なり、黒いクマは、たるみや皮膚の老化が原因です。

青白くなっているのは、貧血気味で血液が十分に行きわたっていないからです。

茶色っぽいクマは、日焼けによりそこだけ色素が沈着してしまった結果です。

目の下や、目の周りの皮膚は、ほかの部位に比べて薄いという特徴があります。

ほかの部分ですと、さほどダメージを受けないケースでも、目のまわりに限ってはダメージを受けてしまうのです。同じように日焼けしていても、目元の皮膚の薄い部分は日焼けしやすく、また日焼けによる色素も残ってしまいやすいというわけです。

疲れやストレスにより血流が悪くなったときも、目の周りが一番症状が出やすいのです。

症状がでやすく、そして治りにくいというのが、目の周りの特徴ですから、クマをはじめとする症状がでないように気をつけ、毎日ケアしていくようにしましょう。

目のクマ解消おすすめ商品

目のクマの種類のなかで問題なのは、黒や茶色に見えるクマです。

青いクマと違い、血行不足によるものではないため放置しても基本的には改善しません。皮膚そのものに問題が起こっている状態なので、クリームや美容液などで肌をケアする必要があります。そこで、おすすめできるケア商品を実際に検証しました!

イチオチ商品

アイキララ


アイキララのバナー

単品購入

お試し定期コース

容量

送料

2980円(税別)

2682円(税別)

10g(1か月分)

全国一律181円(税別)


アイキララの公式サイトへ


アイキララを使って、本当に効果があるのか?目に見える数値化で実証!
具体的な数値で確かめるため、持っていた「水分量、油分量」と「はり」をチェックできる機械を使ってみました。
まず、使う前の肌状態はこんな感じです。

見た目は、目元は乾燥しているけど、他の部分はテカってて、油分多めの乾燥肌というあまり良くないコンディション。目の下も黒いです。

数値を測ってみました。

実際の数値はこんな感じです。

水分量31%、油分46%。ハリ(弾力)は5段階中、下から2番目…。
ちなみに「良いコンディション」とされている数値は、水分量35〜55%、油分16〜25%なので、水分量は低すぎ、油分は多すぎという、最悪の結果に…。

肌は、水分量があるほど透き通って見えて、白く見えるそうです。そしてハリがあったほうが、全体的にふっくらして、きれいな目元に見えるらしいので、私の肌は、水分量は少ないうえにハリもなく、さらにクマもあるので老けて見える…ということらしいです。

というわけで、少しでも肌状態を改善するべく、アイキララの登場です。
アイキララをたっぷり出して、両目の周りにしっかり塗ります。

アイキララを塗って、3時間。しばらく放置して、なじませたあと後、再度測定してみました。

結果、水分量61%!油分16%!

水分量は理想の数値より多めで、油分は理想の数値の範囲内に入っていました!そして、なによりうれしいのが、ハリ(弾力)が、5段階評価の4になったこと!
ただアイキララを塗っただけで、こんなにすぐ変化がでると思っていなかったので、この結果にはおどろきです。

アイキララ、いいじゃん!…と思ったのも、わずか数時間。
塗ったあと寝て、起きて再度計測してみると…

水分39%…、理想の数値の範囲内ではあるけど、塗ったあとより落ちてる…。そして油分26%、こちらも理想の数値の範囲内ではありますが、塗った直後よりは増えて、ぎとぎと肌になりかけています。
そしてなによりハリ(弾力)が、5段階評価の3に落ちてしまってる〜!

アイキララを塗らなかったときよりはマシですが、塗った直後より数値が落ちてしまっているので、やはり1回塗ったくらいでは完璧な肌状態にはならないようです。何事も、継続が大事!

ということで、アイキララを1週間一生懸命塗り続けてみました。

結果がこちらです。

肌の見た目は若干白くなったかなという程度ですが、数値を再度測定してみたところ…

水分量48%、油分32%、
そして肌の弾力は、5段階評価の4!
油分が若干多いですが、水分量と弾力は理想の数値!

塗り始めて4日目くらいから、水分量は落ち着いてきて、だいたい50%前後になってきました。最初の31%の、かさかさ乾燥状態に比べれば、肌状態は改善されてきたのではないかと思います。
まだ1週間なので、今後も使って、計測を続けていきたいと思います!

アイキララのレビュー続きへ


アイキララの公式サイトへ


青い目のクマの治し方

目のクマは、血流が悪いせいで目元が青白くなっている場合、貧血を改善して血流をよくすれば比較的早く治せます。貧血の場合は、温かいタオルで目のまわり全体を覆うだけでも、目元に赤みが増してふっくらします。


目元を温めるグッズも販売されていますから、一日1〜2回、目元を温めてみるといいでしょう。目を温めると、目の疲労も回復され、すっきりしますよ。

色素沈着によって黒くなったり、茶色っぽくなっている場合は、なかなか治りません。「すぐに治したい!」と思っても、肌の産まれ変わりは自在に早くできるものではないのです。

できるだけ早くクマを治したい場合は、目元のマッサージして、目元の皮膚が産まれ変わりやすいように保湿をしましょう。

硬くて薄い皮膚は、なかなか産まれ変わりませんが、潤いがあってしっとりしている皮膚は、乾燥している皮膚より早く産まれ変わるのです。また、潤いがあったほうが、健康でつやのある肌に見えます。

たとえ色素は沈着していても、ぷるぷるの肌なら、若く見られるのです。目のクマを見られたくない場合は、コンシーラーで隠しつつ、ケアしていくといいでしょう。

悩む人の口コミを集めました

目のクマで深刻な思いをしてしまった女性たちの体験談です。


寝不足でもないのにクマが…(30代OL)
ふと鏡を見ると、クマがすごいことに気付きました。そのときは、仕事のストレスで不眠が続いていたので、寝ていないせいだと思って、無理にでも寝るようにしました。

仕事が落ち着いたら、自然と寝れるようになったので、これでクマも解消できると思いました。でも、全然ダメ。むしろひどくなってて、化粧で隠しきれないです。

周りが「どうしたの?疲れてる?」と聞いてくれて、腫れものに触るみたいな態度になってきて…早くこのクマ、なんとかしなきゃと思っていろいろやってるけど、なかなか治りません。
加齢に伴い目元が暗くなってしまいました(46歳主婦)
若い時は、目元もハリがあり元気な感じだったのに、最近、目元がくすんで、老けて見えます。目元、とくに目の下が暗いです。周りの女性も、まぁそこそこ、シワとかありますが、私が一番目元が暗い。


それに気付いてから、なんだか人前に出るのも怖いと言いますか、億劫になってきてしまって、外出も減ってしまいました。

マッサージしたり、フェイシャルエステへ行ってみたりしているのですが、目元のくすみ、黒っぽさは治らず、落ち込みます。
目元を見られてショック!!(20代大学生)
サークルの無神経な男に
「お前、目のとこめっちゃクマあるやん!(笑)」
と言われて、「え?!」って思いました!


そのときは怒ったし、まわりも男子のこと怒ってくれたけど、帰ってから鏡を見たら、
たしかにあるんです、クマ。

腹が立つし、悲しいし、そんなこと言われたら余計気になって仕方ないです。アイクリームは高いけど、頑張ってつけてます。もう、早くクマなんてなくなったらいいのに!!

目のクマに効くマッサージ

目のクマは血行促進が大切です。

目のまわりをマッサージすることで、血流が良くなります。また、マッサージにより細胞も活性化され、皮膚の産まれ変わりも促進できます。だれでも簡単にできる目元マッサージ方法をご紹介します。

目の周りには骨がありますよね。その骨を内側から押す感じで、マッサージしていきましょう。気持ちいい程度の刺激を与えます。指の腹で、軽く押す程度で十分です。

目の下だけでなく、目の横、まゆげのあたりに至るまで、骨の内側を少しずつ押していきましょう。つぎは目の下の、骨の外側、頬寄りのあたりも刺激しましょう。

目じりや眉毛のあたりを触る時は、すこし外側に向けて押すようにすると、目元のリフトアップもできます。一日2〜3回、リラックスした状態で行いましょう。
目元をさわりますから、手は必ず洗って、清潔な状態で行いましょう。

血流だけでなく、リンパの流れもよくすると、老廃物がでていって顔色全体が明るくなります。顔に一番近いリンパの出口は、鎖骨、もしくは耳の後ろの骨のあたりです。鎖骨はさすると、リンパのながれが良くなります。

鎖骨のマッサージはとても簡単なので、いつでもできます。鎖骨の内側、心臓側から、肩にかけてゆっくり流すようにさするだけでOK。

お風呂に入っているときに行うと、より血行促進、リンパの流れをよくする効果があります。

耳の後ろのリンパは、そこだけ刺激するのではなく、首のあたりからゆっくり後ろに向けて揉んでいくといいでしょう。

マッサージは短時間を毎日繰り返すことが大切です。根気よく続けていると「あれ、クマがマシになってる?」と思える日が、必ずきますよ。

消すツボがあった!

ツボ押しの効果、あなたは信じてますか?ツボは、経穴とも呼ばれ、体の中に700個近くあります。ツボのひとつひとつが体の器官に関連しています。疲れや病気を見抜いたり、治療するのにツボが使われています。

ツボを刺激することで、「気の流れ」や「血の流れ」が良くなります。目のクマも、ツボを刺激することで改善します。

目のクマ改善に良いとされるツボは、睛明(せいめい)、承泣(しょうきゅう)、瞳子りょう(どうしりょう)と呼ばれるツボです。睛明は、目の内側にあるツボです。鼻のわきに指をそえて、指先が目じりの端にくるようにすると、指先は自然と睛明に当たります。

その真横、目の下の真ん中あたりにあるのが、承泣です。二本の指でこれらのツボを軽く押さえましょう。
目元のツボを押す時は、アイクリームやオイルをつけてから行うと、スムースですし、皮膚への負担も軽くなります。
瞳子りょうは、目の下の一番端、耳に近い側にあります。指の腹で押しましょう。

ツボをより優しく押したいときは、綿棒がおすすめです。指で押すよりピンポイントで押すことができますし、肌への刺激も軽くて済みます。ツボ押しは、毎日続けて行いましょう。電車に乗ってるときや、就寝前、お風呂に入っているときなど、空いた時間に軽く押すだけでも、血流がよくなりクマ改善につながります。

目のクマに良い生活習慣

目のクマの原因に多いのが寝不足です。


寝不足が続くと、目のクマがひどくなるイメージがありますよね。たしかに、寝不足もクマの原因になります。しかしクマの原因は、寝不足だけではありません。クマには、加齢や貧血も関係あるのです。

もともと目元の皮膚は薄いのですが、加齢にともないどんどんハリやツヤが失われ、目元が垂れてきます。目元にあったはずの肉が頬に垂れて、目元は痩せて行くというわけです。

いつでもハリのある目元なら、クマもあまりできませんから、目元をマッサージしたり、血流をよくして目元にも十分栄養が行きわたるようにしましょう。

お風呂に入るとき、シャワーだけで済ませているというひとは、ゆっくり湯船につかってみてください。
半身浴には、血行促進効果と、代謝を良くする働きがあります。

代謝がよくなれば、目元で色素沈着してしまった黒い皮膚が新しく産まれ変わり、白く美しい皮膚になれます。

タバコを吸う人や、アルコールをたくさん摂取するひとは、すこし減らしてみましょう。

タバコやアルコールは血流を悪くさせたり、ビタミンの吸収を阻害してしまいます。このほか、ストレスの溜めすぎも、血行によくありません。ストレスはビタミンを消費し、コラーゲンの生成を妨げることもあります。

寝ているのにクマが治らないという場合は、自分の生活習慣を見直して、できることから変えていくことが大切なのです。

良い栄養素

血流が悪くなったり、栄養素が行きわたらないことで、目のクマはひどくなります。血液をサラサラにして、血流が良くなる食べ物を食べましょう。

レバーやホウレンソウ、ひじき、高野豆腐などは、鉄分が豊富に含まれています。

また、葉酸不足で貧血になるひともいますから、モロヘイヤやキャベツといった葉酸が多く含まれたものも、意識して食べるといいでしょう。

肌を元気にさせる栄養素に、ビタミンがあります。とくに肌をふっくらさせて、ハリやつやを取り戻すために不可欠なのが、ビタミンCです。ビタミンCは、コラーゲンを復活させる働きもあります。

また、ビタミンCが体内に豊富にあると、鉄分をより吸収しやすくなります。貧血改善にも、ビタミンCが欠かせないのです。

ビタミンCは、気持ちを落ち着かせ、ホルモンバランスを整える効果もありますから、寝不足でクマができているひとも積極的に摂りましょう。

ビタミンCが豊富な食べ物は、レモン、みかん、ゆずなどのかんきつ類、キウイフルーツやいちごといった果物、パプリカ、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどの緑黄色野菜です。

鉄分やビタミンを、多く摂取できない場合は、サプリメントに頼ってもいいでしょう。不足しがちな栄養素を、意識して補うことで、目元が元気になって、クマも少しずつ解消していきますよ。

目立たなくする方法

目のクマを目立たなくするには、やはりメイクが一番です。

コンシーラーを使いましょう。ファンデーションだけですと、目元だけ厚塗りしなければいけません。コンシーラーなら、狙ったところだけ確実に色を変えられるので、便利です。

上手く隠すと良い

コンシーラーは何を使ってもいいというわけではありません。クマの色によって、使い分けたほうが、より上手にクマを隠すことができます。まず、色素沈着でできてしまった、茶色っぽいクマ、これは黄色系の肌色に近いコンシーラーがおすすめです。

血行が悪く、青白っぽくなっている場合は、オレンジ系で明るめのコンシーラーを使いましょう。

下地を塗ったあと、コンシーラーでクマを隠して、そのうえにパウダーファンデーションをぬります。リキッドファンデーションの場合は、下地のあとリキッドファンデーション、そのうえからコンシーラーを塗って、最後にお粉をつけましょう。

コンシーラーはなるべく伸びがよく、肌になじむものを使いましょう。ごしごしこするのではなく、とんとんと指の腹で付けていく感じにすると、自然につきます。また、ごしごしこすると肌に悪影響なので、擦りこまないようにしましょう。

分厚くぬると、かえって目立ちますから、コンシーラーは薄めに塗るのがおすすめです。

化粧を落とすときは、コンシーラーもしっかり落としましょう。残ってしまうと、肌荒れの原因になります。とくに目の下は皮膚が薄いので、ダメージを受けやすくなります。
コンシーラーをしっかり落としたあとは、必ず保湿してください。ただでさえ皮膚が弱い目元ですから、しっかり保湿しないと、クマが悪化することもあります。

化粧水、保湿クリームのほか、アイクリームでの保湿もおすすめです。

できるのは仕方ないの?

目の下にクマができてしまうのは、ある程度仕方のないことです。クマができる原因はひとつではなく、加齢やストレス、血行不良などさまざまな原因があるからです。

たとえば血行不良でクマができていたひとが、貧血を改善したとしても、つぎは寝不足でクマができるかもしれません。一時期クマが治ったとしても、ライフスタイルの変化により、またクマができる可能性はあるのです。

仕事がストレスでクマができていたひとが、仕事をやめて結婚して、クマを解消したと思ったら、育児で眠れずまたクマができてしまったなんて話もあります。

クマは、一生つきまうとう肌トラブルと言えるでしょう。できるだけクマができないように、ケアしておくことは可能です。
クマがあるときもないときも、保湿をして、肌の産まれ変わりを促進させるようにしましょう。目元のエクササイズをすると、目元の筋肉を鍛えることもでき、加齢にあらがうこともできます。

ストレスがたまったなと思ったら、発散して、心身ともに健康であるよう努めることで、クマの発生を抑えることができます。
クマができやすいからと諦めずに、努力していきましょう。

公益社団法人日本眼科医会